メインイメージ 
 

新生園 最新ニュース 

 

6月  一泊旅行・日帰り旅行を行いました。

5/18  グラウンドゴルフ・ニュースポーツ大会を行いました。

2/8  ボウリング大会を行いました。

1/1   新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新生園の基本理念 

 

@入所者の人格及び人権を尊重します。 

A入所者の立場に立った福祉サービスに努め、質の高いサービスを提供します。

B社会復帰を目標に、入所者の能力に応じた目標を掲げ、支援します。 

C地域との交流を深め、地域貢献を念頭におき、地域に根ざした施設を目指します。 

Dアルコール依存症からの回復を目的とする施設として 支援します。 

 

新生園の基本方針 

 

生活保護法に基づく救護施設として、アルコール依存症者、精神病寛解者等の社会復帰、自立構成のために必要な支援・援助を行うものとする。

施設の運営にあたっては、つねに入所者の人格と自主性を尊重し援助するとともに、地域との交流を大切にし、地域に密着した運営をするように努める。

 

救護施設とは 

 

 救護施設は、身体や精神に障がいがあったり、何らかの生活上の問題の為、日常生活を営むことが困難な方が入所し、生活保護法により健康で安心して生活する為の施設です。

 救護施設の利用には、障がい種別による制限はありません。他法や他制度では対応できない方を受け入れる救護施設は”地域におけるセーフティネット”として、支援を要する方々のために不可欠な存在となっています。

 救護施設は、「国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とうたっている日本国憲法第25条の理念を受け、昭和25年に制定された生活保護法の第38条2項に規定された施設です。障がい種別を問わず、利用者を地域の住民として尊重し、意向にそった自立支援を行い、その人らしい豊かな生活の実現に最大限努めることを基本理念としています。

 様々なニーズに対応できるノウハウを備えている施設、必要とする人に必要とするサービスを提供できる総合的機能を持つ施設、それが救護施設です。

 

新生園とは

 

 新生園は、生活保護法に基づく救護施設です。主にアルコール依存症の方の社会復帰を支援しています。

 アルコール依存症、統合失調症、その他精神、身体に障がいや何らかの生活上の問題を抱えていたりして、日常生活を営むことが困難な方が入所し、生活保護法により健康で安心な生活をしていただき、将来的に社会復帰する為に必要な訓練及び自立支援を行っています。

 運営については、その目的の主旨から、円滑な社会適応、社会復帰を図る為に必要な生活指導、酒害学習、就労援助、更にアフターケアなどを行い、特に断酒会とのつながりを重視し、集団精神療法を取り入れています。また、利用者の心身の健康維持のため、医療機関との連携も大切にしています。処遇に当たっては常に利用者の人格を尊重すると共に、地域との交流を活発に行い、地域に根ざした運営をすることを基本としています。